人にはうまく話せない

大阪でいろいろやってる三十路オタクです。日々の活動から、人前ではうまく話せないこと、話すまでもない些細なことを書いていきます。

【日記】行ってきちゃった甲子園

f:id:ka-na-ta:20180406080633j:plainf:id:ka-na-ta:20180406080718j:plain
  
はい。昨日の盛り上がりの勢いのまま。10数年ぶりに、行ってきちゃった甲子園。
昨日まで、試合結果もろくに把握していなかったニワカ者ながら、「春大会18年ぶりの決勝進出」と言われると、行かずにいられず。私、その18年前に決勝戦で負けたのを、スタンドで踊りながら見ていた者なんですよー!(その後の夏の大会で、母校は優勝するんだけど。春の準優勝で区切りをつけようと思った私は、夏の大会では一般学生に戻っていて、アルプススタンドにはいたけど、踊ってなかったんです・・・)
  
というわけで、青春の落とし前をつけるべく、正午ちょうどに仕事場を飛び出して車を走らせ1時間。
道中はラジオで聞きながら、三回裏0-0のまま到着。
車を置いて球場入りし、内野自由席を確保した時には、四回裏終了時2-2。い、移動中に、2点先制して即追いつかれてる〜!
結局その後は、母校が得点するシーンはなく、試合終了。
一番楽しいタイミングには間に合わなかったけれど、それでも1時間ちょっと、めちゃくちゃ良い時間を過ごせました。
球児たち、現役学生さんたち、ありがとう。おつかれさま。
  
  
甲子園観戦、夏は「油断すると死ぬ。むしろ既にジリジリと少しずつ殺されている」みたいなギリギリ感があるけれど、晴れた日の春は穏やかで大変良かった。お昼ご飯にフランクフルト齧りながら、めちゃくちゃビール飲みたすぎたけど(電車だと、乗り継ぎで現地到着までどうしても1時間半かかったので、車で行くしかなかった)。
高校野球観戦、また行きたいな。でも、『母校の応援』という贅沢を何度も味わってしまい、他校の試合をぼんやり観戦するのはやっぱり物足りないんだよな・・・。
試合終了。
f:id:ka-na-ta:20180406083627j:plain
  
  
準優勝での大会終了セレモニーは18年前にも十分観たので(負けても帰れない辛さ)、試合終了後すぐに球場を出て、18年前にはなかった「ららぽーと甲子園」を3時間ほどぶらぶらして余熱を冷まし、大阪に戻る。
  
  
まだ夕方だし、せっかくの水曜日の午後休だし・・・ということで、まっすぐ帰宅せず、そのまま湾岸線で堺の映画館へ。
レディースデイで『ザ・シェイプ・オブ・ウォーター』を観て帰宅。
長い一日でした。
映画感想は、別記事で。
nyima-240.hatenablog.com