人にはうまく話せない

大阪でいろいろやってる三十路オタクです。日々の活動から、人前ではうまく話せないこと、話すまでもない些細なことを書いていきます。

【映画】絶対楽しいやつ、でした

バーフバリ 伝説誕生 [DVD]
  
はい、観てきました。バーフバリ。
  
年末頃?からTwitterで局地的な盛り上がりをみせていることには気付きつつ、いつものように深入りせずに傍観していたのですが。
ある日、Gifアニメが流れてきて、釘付けに。
↓ (印象に残っていた方のTweetを引用します)


  
こんなん、絶対楽しいやつー!!!
  
というわけで、そこから調べてみたものの、1月下旬にはすでに1作目『伝説誕生』の上映はどこも終了(すでに配信などでも観られるようになっていたことは後で知りました)。このブームに乗っかって、どこか上映してくれないかな〜と待っていたところ、3月下旬から各地で再び上映開始!
  
というわけで、お友達Mちゃんを巻き込んで、楽しんでまいりました。
  
劇場にたどり着くまでに、
電車で来てくれたMちゃんを車で拾いに行くも路地に迷い込み10分以上Mちゃんを待たせる(!!)
急いで劇場に向かうが速度違反でネズミ捕りにまんまと捕まる(!!!!!)
という大アクシデントに見舞われ(どれも私が悪いだけなんですけど)、開始から15分も遅刻。
爆音上映会、予告編CMタイムなしのため、本編冒頭をかなり見逃してしまい、Mちゃん本当にごめんね・・・!そして周囲の観客の方々もすみませんでした・・・。
(着席時、本編は、既に成長した主人公が滝にどりゃーっと石投げてるとこでした)
  
  
気を取り直して、本編!
面白い!楽しい!主人公最強!ベタ!王道!いや王道なのか!?王道って何だ!?
と怒涛の勢いに身を任せ・・・
しかし終盤、「あれ、これ、父ちゃん時代の回想が長すぎない?終わるの??」とそわそわしてきたら・・・
カッタッパさんの衝撃の告白で幕引き!!!超・トゥービーコンティニュー!!な、なんだってー!!!?
  
「伝説誕生」と「王の凱旋」、完全に前編・後編だったんですね。知りませんでした。
  
6時間近くぶっ通しで2作品とも観るのはしんどそう・・・という懸念や、観に行く前の日に 『バーフバリ 王の凱旋 完全版』6月公開、国際版より26分長いオリジナル版 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET なんてニュースも出たので、今日は「伝説誕生」だけ観ようか、という話だったのに!
40分後に上映開始の「王の凱旋」不可避でした〜。
  
「王の凱旋」の方も、さらにスケールアップしてキャラクターも増えて、面白かったのですが、いろいろ歯がゆく辛い展開もあり、「伝説誕生」ほどアドレナリンー!ドバー!というわけにはいかなかったので、完全版をもう1度観に行くまではいかない・・・かなぁ。
あと、伝説誕生の前半であれほどチャーミングだったアヴァンティカに、もうちょっと見せ場が欲しかったな〜・・・(“女性らしく”姿が変わる演出には賛否ありそうだけど、どの姿も可愛かった!!)。
そして、物語はデーヴァセーナの復讐が遂げられて終わるけれど、デーヴァセーナはあのあと平穏な生活を送ることができるんでしょうか・・・かなりのメンタルケアが必要では・・・?何度も決断を求められ、ドツボにはまってしまったシヴァガミさま含め、女性陣のキャラクター描写には、いろいろと考えさせられるところもあります。
だからこそ・・・それぞれの歯車が狂っていく「王の凱旋」があるからこそ、大河物語としても面白いのですが!
人の業ー!!運命の、いたずらーっ!!
  
  
というわけで、とりあえず楽しい6時間でした。ありがとうございました!!
終わったあとも、Mちゃんと感想を話し合い、Twitterでの皆さんのネタ合戦を楽しみ、さらに北インド映画と南インド映画、ボリウッドとトリウッドなどインド映画の知識を拾ったり、ひとしきり盛り上がりました。
誰かと一緒に観るのにも、とっても向いている映画です。
(「伝説誕生」にだけ年齢制限R-15がついているのはよくわからなかった・・・「王の凱旋」には生首さんが出てきますが、生々しい感じではないので、ショッキングすぎるのは苦手な人(私だ)でも大丈夫だと思います)
  
バーフバリ2 王の凱旋 [DVD]
  
  
爆音上映会特典のカードも貰ったよ!
f:id:ka-na-ta:20180414171931j:plain
「王の凱旋」が始まる前にカードを見て「・・・誰やねん!?」ってなったのに、終わったら「クマリー!素直ー!!😭」ってなりましたね。
  
  
インド映画は1月に『きっと、うまくいく』の上映会で初めて観て(これは北インド映画ですが)、それも非常に良かったので、今度は『ダンガル』( ↓ サブタイトルが悪質ですが主演俳優さんが同じだけで別の作品です)も観に行きたいと思います。
gaga.ne.jp