人にはうまく話せない

大阪でいろいろやってる三十路オタクです。日々の活動から、人前ではうまく話せないこと、話すまでもない些細なことを書いていきます。

【日記】昼まで寝た日にロクな日はない

二度寝してしまい、正午の起床。
4月頭から早めに起床できていたのが、ついに途絶える・・・。
(※ そしてこの後、怒涛の駄目な日が続くことを、この日の私はまだ知らない)
  
  
今日はもともと、山登りのお誘いを頂いていた日。
諸事情・・・登山靴を持っていないこと、体力に不安があること、あと、生理の時期と被りそうだったこと、などなど・・・で、参加不参加の御返事を保留のまま、予定だけは空けていたけれど。数日前に、登る山が奈良→兵庫に変更となり、自宅から遠方のため不参加に。
(登山口までの所用時間は大差なさそうだったけど、山の装備で休日の大阪市内を通過しないといけない心理的ハードルが高かった)
  
結局、直前に予定のない1日となったので、とりあえず昼に美容院の予約をとり、その後は実家方面に帰ることに。
  
  
昼まで寝てしまったので、慌てて美容院へ。
向かったのは、いつも通っているところではなく、初めてのお店。
私は今、髪を医療用ウィッグのために寄付する「ヘアドネーション」をしてみるべく、髪を伸ばしている。
ふだん通っている美容院はヘアドネーションに携わっていないので、今回初めて、ドネーションを受け付けているお店をWebサイトから探して予約。
寄付をするには、髪の長さがまだ足りていない(団体によって多少差があるようだけれど、基本的に約30センチが必要)ことはわかっていたが、髪の状態や長さについての相談や、ドネーション当日までの段取りの確認をしておきたかったのだ。
  
結果、髪の長さはやはりまだ足りず、カット後も私の希望の髪の長さを残すためには「あと半年は頑張りましょう」ということだった。
夏前に切れたらいいな、とうっすら期待していたので、残念。
  
  
↓ 私はネットで見つけたこの団体に寄付しようかと思っています ↓
www.jhdac.org
  
美容院では、ヘアドネーションの相談だけというのは気が引けたし、髪もそこそこ痛んできていたので、ヘアトリートメントをしてもらったのだけれど、これがちょっと失敗だった。髪はトゥルントゥルンになってくれたが、施術後に残る香りが強い・・・ねっとりした甘い香りで、後々かなりヤられた(最初はそれほど不快ではなかったが、時間が経つほど鼻につくような・・・できれば翌朝まで洗髪せず置いておくよう勧められていたので従ったが、早く洗い流してしまえばよかった)。
普段から、ときどきトリートメントやヘッドスパを頼んだりするほうだけれど、今回のようなことは初めて。
やっぱり、いつも通っているところが一番だな!!と思ってしまったのだった。今回のところも良さそうなお店だったけど、ヘアケア剤との相性はどうしようもない。
  
  
美容院を小一時間で出た後、当初はカフェでコッペパンサンドとコーヒーを飲みつつPC作業をする余裕があったのに、だんだん身体がしんどくなってしまい、結局、実家方面への帰省(もとい、昏睡状態が続く祖父のお見舞い)は中止に。たかだか車で1時間。。。されど車で1時間。。。
トリートメントの香りのせいばかりとは言い切れないが(ここ数日PCを触りすぎてた感もある)、とりあえずおとなしく帰宅して、延々と寝る。
この日は、そのまま1日が終了。
  
  
f:id:ka-na-ta:20180413180745j:plain